体調管理に気をつけよう。

  • 2017年7月26日
  • 15人のアクセス
           

蒸し暑い日が続いています。

この時期は、冷たいものがと~っても、美味しい😋

 

でも・・・ちょっと待ってください。

朝から、冷たいお茶、学校が終わったらアイスクリーム、かき氷etc・・・

一時でしたら、問題はありませんが、長期的に続くと、

身体も悲鳴を上げそうですね。

 

昨年、面接の練習をしていた時に、ある女子学生が

ドアを開けて、憂鬱そうな顔で入ってきましたので、

「どうしたの?」と、聞くと下腹部が重い、とのこと。

血の巡りが悪いと、頭痛や、腹痛なども起こしやすくなります。

冷たいものや、甘いものの取り過ぎに注意、とよく言われますが、

これら両方の要素を持っているアイスクリームや、ゼリー類、ジュース類の

取り過ぎには、本当に注意が必要です。

その女子に、どのくらい甘味のある食べているか聞いたところ、

「すっごい、食べてる~」という答え・・・

 

私の体温は、今は少し上がりましたが、

 以前は35.6℃位でした。

 その時は、毎日ではありませんでしたが、

夏はよく冷たいものを飲んだり食べたりしていて

なんとなくカラダがだるいとか、頭が重いなど

病院へ行くほどではないけど、不調なときが

 ありました。

 いわゆる「未病」です。

今も、冷房の効きすぎた場所は不得意ですね…

よく、体温が下がると免疫力も下がる、と言いますね。

調べてみると、生理学博士の久間英一郎氏は、このように言っておられます。

「体温が1度下がると 免疫力が37%落ちます。代謝は12%落ちます。・・・

体温が平熱より1度上がると免疫力は5倍に上がります。だから病気をすると体温が上がるんです。

体 温が下がるのは由々しきことです。」

(中省略)

水分についても、習慣的に冷たい清涼飲料水を飲んでいるのが現状です。

これらは、冷たいだけでなく甘いので益々身体を冷やすのです。

漢方では水分の摂り過ぎを「水毒」と言い、様々な痛み等の原因とされています。

 この他にも夏はクーラーで、冬は薄着で冷え、アイス、生野菜、

 バナナ、パイナップルと身体を冷やし、食べ過ぎ、ストレス、薬の乱用、

 睡眠不足身体を冷やすのに事欠かないのが今日の食生活です。

<ここまで>

(出所 http://www.ps-corp.co.jp/column/health/n034.html )

他の情報を調べてみても大体、体温1度下がると 3割位は免疫力が下がると

言っています。

冷えには、本当に気を付けようと改めて思いました冷

皆さんも、今からイザという時に

体の不調には、ならないように、今からの飲む物、食べる物を考えて

面接に備える等 準備をしたらどうでしょうか・